現在位置 : HOME 法人案内・お知らせ>ボランティアQ&A・活躍するボランティア

ボランティア活動Q&A

Q.ボランティアって、どこで何ができるの?

A.簡単な作業のお手伝いから、介護に関わる活動まで、色々なことができます。 一例として、下記をご覧下さい。

活動場所 活動内容
三沢老人ホーム
三沢デイサービス
晴ヶ丘老人ホーム
はるが丘デイサービス
グループホームはるが丘
松園ケアラウンジ・スカイ
松園デイサービス・スカイ
松園グループホーム・スカイ
岡三沢コラボケアセンター
岡三沢ぬくもりの家
栄町コラボケアセンター
栄町ぬくもりの家
・話し相手や趣味活動の相手
・散策や買い物などの外出の付き添い
・レクリエーションや行事の手伝い
・クラブ活動の講師や補助
・食事の配ぜんや介助、片付け
・入浴の着替え介助
・施設内の清掃
・花壇の草取り
ご利用者の自宅
入院先の病院
・話相手
・安否確認などの見守り
・通院など外出の付き添い
・食事の準備、調理
・入院時の洗濯手伝い
・庭の草取り
・雪かき
他の活動場所(いろいろ考えてみましょう) ・他にやってみたい活動(いろいろ考えてみましょう)

Q.交通費や食事の負担はどうなっているの?

A.基本的に交通費と食事の用意は、ボランティアの皆様の自己負担とさせていただいています。ただし、一日外出の付添いで活動した場合などは、食事代につき、当法人で定額を負担しています。

Q.ケガをした時のことが心配なんだけど?

A.ボランティア活動中の様々な事故によるケガや、賠償責任を補償する「ボランティア活動保険」に加入することをお勧めします。最寄の社会福祉協議会で申込むことができます。
なお、当法人にボランティア登録をされますと、ボランティア活動保険の加入申込手続きを代行し、また、保険掛金も負担させていただきます。

Q.ボランティア登録って、どうするの?

A.ボランティア活動を希望する方は、「ボランティア活動受付カード」に必要事項を記入していただきます。簡単に手続きできますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

Q.ボランティアって自由な活動と言われるけれど、注意することってあるの?

A.ボランティア活動を行うかどうかは、ボランティア活動を希望する皆様の意志で決めて頂くものですが、活動を始めるに当たって注意して頂きたい五つのポイントがあります。この五つのポイントを心がけ、活動することが大切です。

〜ボランティアのための五つのポイント〜

  • 施設全体を理解し、活動の意義を正しくとらえましょう。

    まず施設をよく知ることです。施設は法や通達にのっとり運営されていますが、現場の援助内容や援助目標は施設によって異なります。施設の方針や、福祉サービスに対する考え方を理解し、不明な点はどんどんコーディネーターに尋ね、実際の活動について、いつもよく理解することが必要です。

  • 時間など約束事を守り、できるだけ定期的に責任をもって活動をすすめましょう。

    集合時間や場所の指定があったり、グループでの活動は小さな約束が大切になります。利用者は大変楽しみに待っていますので、約束は守り、信頼関係を大事にします。

  • 施設の職員とよく話し合い、良い人間関係をつくろう。

    活動が進まない原因の一つに、施設・職員への疑問を持ったまま一人で悩み、足が向かなくなるということがあげられます。ボランティア活動については、まだまだ勉強しなければならないことが、施設職員の側にもたくさんあり、活動に対する適切なアドバイス・対策ができないでいることもあります。施設職員と良く話し合い、今後の運営やボランティア活動について、手を携えて共に考察していく姿勢が大事です。

  • 言動は謙虚に、互いに一人のかけがえのない人間として尊重し、関わろう。

    一方的な言動や一人合点は、利用者を傷つけたり、利用者の理解できない関係を作ってしまい、活動の障害になります。また、好き嫌いも人間関係にはありますが、それは態度であらわさず、一人一人かけがえのない人間として尊重することが、基本的な接し方になります。

  • 人と人との出会いは自分を高めます。そして共に築きましょう。

    利用者の生活は、一見介護職でのみ成り立っているように見えますが、実は調理・事務・リハビリなど全職種が援助に関わっています。同時にその運営には、県・市町村などの行政、地域の福祉を推進する社会福祉協議会などの機関が関わります。ボランティア活動は、その大きなサークルの中で、人と人との出会いを通じ、まず福祉実践によって自らが大きな喜びや人生の営みを受け止め、共鳴し、輪に参加することです。出会いの中で人生の大切な意義を学び、実践し、共に在るべき人間関係を築いていきましょう。

(全国ボランティア活動振興センター参考)

TOPへ戻る

活躍するボランティア

小学生訪問交流
歌や楽器を演奏したり、利用者のお年寄りと一緒にゲームをしたりなど、子供達の笑顔が利用者のお年寄りの笑顔につながります。

生花クラブ
ボランティアの講師を招いて、毎月2回行われ、好きなお花を楽しんでいます。作品は施設内に展示しています。

もちつき
“えんどり”したり、もちを伸ばしたりと大活躍です。

車いす清掃
利用者のお年寄りが毎日使用する車いすを水拭きしたり、タイヤの空気を入れたりして整備します。

洗濯物整理
衣類をたたんで整理したり、ゴムを換えたり、ほつれを直したりします。

お茶会
コーヒーを飲んで合唱や合奏を楽しむ時間です。コーヒーを運んだり、歌集や楽器を配ったりしながら一緒に楽しみます。

夏祭り
毎年、中学生、高校生、専門学校生が模擬店の手伝いで参加、雰囲気が盛り上がります。

夏祭り
射的コーナーに子供が集まります。中学生のお兄さんたちが相手をします。

TOPへ戻る