社会福祉法人 楽晴会

その心に降りて、支えよう。

社会福祉法人 楽晴会 採用Webサイト

利用者のみなさんを将来に渡って
切れ目なくバックアップしていきたい。

療育・障害者相談センター ボイス
(相談支援事業)
相談支援専門員/小笠原 麻衣子
2007年入社

いろんな人に助けてもらってここまできました。

私は【相談支援】と【就労移行支援】のふたつの業務を担当しています。どちらも自立支援法にのっとった事業なので、障害に区分けはなく身体、知識、精神障害の幅広い方々に対して支援を行うことになります。楽晴会への入社は、大学生の時に三沢介護支援センターと三沢老人ホームで実習をさせて頂いた時に、ぜひここで働いてみたいと思ったのがきっかけです。私自身これまで様々な人に助けてもらってきた経験から、「何か人の役に立つ仕事ができないか」という強い思いがありました。今はお客さまの悩み事や困った事に相談にのりながら、少しでも役に立てればと全力で取り組んでいます。

相談にいらしたお客様から、日々学ぶ事が多いです。

【相談支援事業所】では、主に身障者の日常生活全般の相談を受け付けています。お客様の困りごと、悩みから年金や周囲との関係についてなど多方面での不安の声を耳にすることがあります。もともと私は話すのが苦手なのですが、話しの聞き方であったりとか、心構えであったりとか、聞く姿勢などには特に気をつけています。相談事は人それぞれ。ですから、決まった形や、これで終わりという完了形はありません。利用者に「これで良かった」と思っていただかなければ、役に立った事にならないのです。それが目に見えるような形で分かる事もありますし「これで良かったのだろうか」と後から思い悩むことも多々あります。相談支援事業はまだまだ周知に時間がかかる活動ですが、日々お客さまから学びながら対応させていただいています。

地域のみなさんの声をよりよいサービスに活かしたい。

もう一つの【就労移行支援事業所】は「働きたい」「働きたいが不安がある」という方に就労するために必要な知識、心構えなどをトレーニングするところです。県内でも、特に上十三地区での障害者福祉については、決して他の地域に比べ十分な体制ではないのが現状でした。まだ確立されていない支援活動は、実際どのような活動をすればよいのか見えないところもあります。そこで「分からない事は自分から学べばいい」という思いで、私は県内の他の事業所の見学も行っています。利用者の置かれている環境は人それぞれです。地域の方々の障害の理解を求めることも重要ですが、不安の要素を私たちが少しでも軽減できるよう一緒になって考えていけたらと考えています。これからも地域のみなさんの声を聞きながらよりよいサービスにつなげていきたいと思っています。

療育・障害者相談センターボイスは、電話や面接、訪問により、総合的な相談支援や日常生活全般についての相談を行っている【相談支援事業所】と、お客様が就労するために必要な知識、心構えなどを学ぶ【就労移行支援事業所】からなっています。